読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fukufukuxのブログ

生き物メモ

キマダラカメムシ


f:id:fukufukux:20170510222917j:image

キマダラカメムシ(Erthesina fullo)

黒褐色で黄色の小斑紋が散布されていて、頭部から小楯板にかけて黄色の縦条があります。

大型なのでそこそこ目立ちます。
サクラ、カキ、サルスベリ、ナンキンハゼなど、多くの樹木につきます。

台湾~東南アジア原産の帰化種で、近年急速に分布を広げているそうです。

 

県内での記録が少ないとの事だったので採集してきました。


f:id:fukufukux:20170510224126j:image

右前脚が欠けているのが残念…


f:id:fukufukux:20170510224928j:image

腹側はこんな感じ


f:id:fukufukux:20170510225037j:image

背中側

 

現在標本制作中です。部屋が少しだけカメムシ臭くなってきました。

窓を開け、まだひんやりと寒い5月の夜風が運んできたカエルの声を聴きながら夜を過ごしております。

スプリング・エフェメラル

春の山にギフチョウなどを撮りに行って来ました。

 
f:id:fukufukux:20170404183416j:image

カタクリ(Erythronium japonicum)

青空とのコントラストが美しいですね。


f:id:fukufukux:20170404183520j:image

カタクリ多年草で寿命は40-50年になるそうです。


f:id:fukufukux:20170404183822j:image

ギフチョウ(Luehdorfia japonica)

まだ発生直後のようで綺麗な個体でした。

気温が上がってきた昼頃には5、6頭飛んでいました。


f:id:fukufukux:20170404184055j:image

斜面に止まるギフチョウ

鮮やかな模様に見えますがこうして見ると背景に溶け込んでいるようにも見えます。


f:id:fukufukux:20170404184230j:image

ビロードツリアブ(Bombylius major)

もふもふしていてなかなかかわいいです。


f:id:fukufukux:20170404184410j:image

カタクリの花に来たビロードツリアブ。


f:id:fukufukux:20170404184509j:image

こちらはスミレに来たビロードツリアブ。

花の近くでホバリングしてくれるので飛翔写真を撮りやすいです。


f:id:fukufukux:20170404184724j:image

ショウジョウバカマ(Heloniopsis orientalis)

春先の山にけっこう咲いてます。

 

少しずつ気温が上がっていき、見られる生き物の数も増えてきました。

 

それではまた(^-^)/

リバースマクロ

一眼レフでマクロ撮影をしたい。しかしお金が無い。(マクロレンズはそこそこ高い)と、言うことでリバースマクロなるものに挑戦してみました。

 

リバースマクロとは、広角レンズを一眼レフ本体に逆向きに装着してマクロ撮影をするというモノです。

広い範囲を写す広角レンズを逆向きに付ける訳ですから、狭い範囲を大きく写す事ができるということになります。

 

f:id:fukufukux:20170325211204j:image

さっそく中古でAF NIKKOR 35-80 f4-5.6 D というレンズを購入。4000円くらいでした。

20年くらい前の標準レンズだから安いのですかね。

Dタイプレンズは絞り環が付いているので手動で絞りを変えることが出来、リバースマクロで撮影する時にとても都合がいいです。電子絞りだと絞り開放になってしまい、被写界深度が浅くなってしまうからです。

 

後はレンズを逆向きに取り付けるためにBR-2AとBR-3というアダプターを購入。

どちらも1つ1400円 くらいでした。
f:id:fukufukux:20170325211906j:image

 

後はレンズ保護フィルター1000円。

 

これで完成です…!
f:id:fukufukux:20170325212246j:image

こんな感じになりました。

(本体)=(BR-2A)=(レンズ)=(BR-3)=(保護フィルター)

の順でくっ付いています。

 

本体の設定は絞り優先オート(A)に設定して撮影します。
f:id:fukufukux:20170325212734j:image

かなり大きく写ります。画質も良好です。

アダプターの説明書によるとこのレンズは倍率は1.5倍になるそうです。

 


f:id:fukufukux:20170325213023j:image

ヤマトタマムシの羽


f:id:fukufukux:20170325213116j:image

アサヒエビグモ
f:id:fukufukux:20170325213509j:image

オオイヌノフグリ

 


f:id:fukufukux:20170325213559j:image

100均のプラ板を使ってディフューザーも作りました。
f:id:fukufukux:20170325213728j:image

ふんわりとした感じに写りました。

 

リバースマクロは室内でじっくり撮影するのにはかなり便利なのですが、フィールドで使うとなると操作は全てマニュアルなので慣れないと大変だと思います。

しかし、

レンズ:4000円

アダプター:3000円

フィルター:1000円

合計:8000円

という値段でマクロ撮影が出来るのでそれくらい苦労しないとなぁ…って思いながら使っています。

 

 

それではまた(*・∀・*)ノ

啓蟄の山を歩く

啓蟄を迎えました。

まだ寒いですが少しずつ春の気配を感じるようになりました。

雪も少なくなってきたので山を歩いてきました。

 



f:id:fukufukux:20170306233113j:image

フキノトウ

天ぷらにすると美味しいのですがちょっとちっちゃかったので今回は撮るだけでスルーしてきました。

 



f:id:fukufukux:20170306233136j:image

ユキノシタ(Saxifraga stolonifera)

こちらも天ぷらが美味しいやつです。

ユキノシタという名前は雪が上につもってもその下に緑の葉があることからだとか白い花を雪(雪虫)に見立てて、その下に緑の葉があるから、葉の白い斑を雪に見立てた、等々の説があります。

 

学名のstoloniferaは、ほふく枝(stolon)で増えることからきているそうです。

 



f:id:fukufukux:20170306233254j:image

ショウジョウバカマ(Heloniopsis orientalis)

花はもう少し先かな?

花言葉は「希望」だそうです。

春に咲く花だからかな?

 



f:id:fukufukux:20170306233450j:image

山の斜面はこんな感じでした。まだ残雪が目立ちます。


f:id:fukufukux:20170306233524j:image

雪解け水が集まってさらさらと流れていました。

f:id:fukufukux:20170306233559j:image


f:id:fukufukux:20170306233615j:image

そんな冷たい雪解け水の川にもヘビトンボやカワゲラの幼虫がいました。

 



f:id:fukufukux:20170306233647j:image

スマホ越しの世界…(ちょっとやってみたかっただけ)

f:id:fukufukux:20170306233730j:image


f:id:fukufukux:20170306233748j:image

落ち葉の中から真っ赤なムカデを発見。

ベニジムカデかな?

 



f:id:fukufukux:20170306233820j:image

イチリンソウの仲間

 

今回はこれで終わりです。

これから暖かくなってくるのが楽しみですね!

モズ その他(2017/2/18)


f:id:fukufukux:20170218210244j:image

モズ(Lanius bucephalus)


f:id:fukufukux:20170218210559j:image

アトリ(Fringilla montifringilla)

十数羽の群れを確認

 


f:id:fukufukux:20170218210650j:image

カルガモ(Anas poecilorhyncha)

パンを食べているところ


f:id:fukufukux:20170218211325j:image

こっちはなんか眠たそう…

 


f:id:fukufukux:20170218211404j:image


f:id:fukufukux:20170218211443j:image

ヒヨドリ(Hypsipetes amaurotis)


f:id:fukufukux:20170218211521j:image

ハクセキレイ(Motacilla alba lugens)

ちょこちょこと走り回っていた

 


f:id:fukufukux:20170218211628j:image

梅(Prunus mume)

 


f:id:fukufukux:20170218211710j:image

ヒメオドリコソウ(Lamium purpureum)

 

 

 

ムクドリなど

天気が良かったのでカメラを持って鳥を撮影してきました。


f:id:fukufukux:20170128200234j:image

ムクドリ(Sturnus cineraceus)


f:id:fukufukux:20170128200608j:image

シロハラ(Turdus pallidus)の♂

 

喉が白く黒い線があるのが♀で、眉斑がある個体もいるそう。♂は♀よりも頭が黒っぽいとのこと。


f:id:fukufukux:20170128202315j:image

シジュウカラ(Parus minor)


f:id:fukufukux:20170128201028j:image

アトリ(Fringilla montifringilla)の群れ



f:id:fukufukux:20170128202910j:image

カルガモ(Anas zonorhyncha)


f:id:fukufukux:20170128201644j:image

バサバサ…

色々なポーズを撮らせてくれました。


f:id:fukufukux:20170128201739j:image

マガモ(Anas platyrhynchos)のペア


f:id:fukufukux:20170128201932j:image

コゲラ(Dendrocopos kizuki)

 

 

寒いですが鳥達は元気そうでした。

 

鳥インフルエンザのニュースが毎日のように流れてきますが流行しないことを祈るばかりです…。

スマホで虫を撮る

スマートフォンでの昆虫撮影について書いていこうと思います。  

 

スマートフォンはいつも持ち歩いているので突然虫と出会っても撮れますし、薄さを生かしてかなり近くまで寄ることが出来るのでかなり優秀だと思います。

 

スマートフォン(SONY XperiaZ3)を使用。


f:id:fukufukux:20170106170638j:image

ツマグロヒョウモン(Argynnis hyperbius)のメス。

なかなか綺麗に撮れます。


f:id:fukufukux:20170106171000j:image
f:id:fukufukux:20170106171009j:image

給蜜中のモンシロチョウ(Pieris rapae)

飛び立つ瞬間もたまたま撮れました。

 

体長数㎜の小さな虫を撮るのは難しいと思いますが晴れた日に外で蝶などの大きな虫を撮るのには向いている思います。 

羽の色も鮮やかに写すことができます。


 

 

XperiaZ3×マクロレンズ
f:id:fukufukux:20161230120647j:image

100円のマクロレンズなのですがなかなか良い感じに撮れます。

スマートフォンでこれだけ撮れれば満足です。


f:id:fukufukux:20161230120703j:image

端の方が少し歪みます。

あと、かなり近づかないとピントが合いませんが100円なので満足しています。

 

気軽に撮れるというのが良いですね。

 

写真は奥が深いのでまだまだいい写真が撮れるよう頑張っていこうと思います。