福々のブログ

生き物メモ

台風一過のルリタテハ

昨日、9月4日の夕方から夜にかけて台風21号が最接近し久しぶりに家が揺れる程の暴風雨に見舞われました。

関西の方では大きな被害が出たようですがこちらは植木鉢が転がったり停めてあった車が少し動いたくらいでした。

 


f:id:fukufukux:20180905224704j:image

9月5日、なぜか部屋にルリタテハが居ました。

どこから入ってきたのか謎です。台風で飛ばされてきたのでしょうか。


f:id:fukufukux:20180905230154j:image

手載りルリタテハ


f:id:fukufukux:20180905224843j:image

横顔

 

 

f:id:fukufukux:20180905225025j:image

 昆虫ゼリーを与えてみると手に載ったまま舐め始めました。かわいい。

 

成虫の姿を見るのは久しぶりだったのですがなかなかいい虫だなと思いました。

ルリタテハはこの後夜空に飛び立って行きました。



 

ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタを拾いました。
f:id:fukufukux:20180725211852j:image

サイズを測ってみると63㎜ありました。なかなか立派な個体です。

 

 


f:id:fukufukux:20180725213952j:image

大きいですが大人しい個体なのかあまり噛んで来ようとせず黙って写真撮影に付き合ってくれました。

 

クワガタを耳につけてイヤリング~とか自分以外の耳を使って一度やってみたいですね。このヒラタクワガタでやると穴が開いてピアスになりそうですが…

庭に巣を作ったヒヨドリの話

6月中旬、庭でヒヨドリが巣を作って卵を温め始めました。


f:id:fukufukux:20180714220221j:image

抱卵するヒヨドリ:6月23日撮影

 

ヒヨドリは雌だけで12-14日間抱卵します。

いつ見てもこちらにお尻を向けて居たのでなかなか顔が撮れませんでした。


f:id:fukufukux:20180714220756j:image

ヒヨドリの雛:7月8日撮影

 

で、気が付いたらなんか巣の中で雛がピヨピヨしていました。親鳥に申し訳なかったのであんまりマメに観ていませんでした…。

 

この写真を撮る前の数日間雨が降り続いていて親鳥が巣からなかなか離れられなかったようで雛が1羽死んでしまったようです。

親鳥が死んだ雛をくわえて家の中に入ってきて驚きました。

 


f:id:fukufukux:20180725092533j:image

7月11日、朝に巣を覗いた時は3羽で狭そうにピヨピヨしていましたが夕方、帰宅すると巣から落ちてきました。

そして登山靴の上に乗っかって一晩を過ごしたようです…。夜に様子を見てみると羽の下に頭を突っ込んで毛玉になって寝ていて可愛かったです。

 

翌朝、靴の上に糞を残して庭石の上でピヨピヨ鳴いていました。
f:id:fukufukux:20180725093410j:image

7月12日、帰宅するともうヒヨドリ親子の姿はなく何処かへ飛んでいったようです。

 

庭が賑やかな数日間でしたが居なくなるとなんだか寂しいです。

 

 

↓写真色々↓


f:id:fukufukux:20180725093555j:image

もっふもふな雛:7月12日撮影

 


f:id:fukufukux:20180725093642j:image

登山靴の上で"これ僕のだから!"と主張する(しているように見えた)雛:7月11日撮影

登山靴を気に入って巣立つときに片方だけくわえて持っていかれないか心配だった。


f:id:fukufukux:20180725093945j:image

家の中に向かってピヨピヨ言ってる雛:7月11日撮影

 


f:id:fukufukux:20180725094249j:image

写真撮ってたら"なんやお前!"と威嚇された:7月12日撮影

クマバチ

 

f:id:fukufukux:20180424223011j:image

グミの花に来たキムネクマバチ(Xylocopa appendiculata circumvolans) 


f:id:fukufukux:20180424223254j:image

大きな体で重低音を響かせながら安定感抜群の飛行をしていますが体の大きさに対して翅が小さく、かつては「航空力学的に、飛べるはずのない形なのに飛べている」とされ「彼らは、飛べると信じているから飛べるのだ」という説が大真面目に論じられていたそうです。

現在はレイノルズ数(空気の粘度)を計算に入れることで飛行法は証明されています。

 

近くに巣もありました。


f:id:fukufukux:20180527204510j:image


f:id:fukufukux:20180527204545j:image


f:id:fukufukux:20180527204613j:image


f:id:fukufukux:20180527204642j:image


f:id:fukufukux:20180527204719j:image


f:id:fukufukux:20180527204740j:image

次から次へと5頭ほど続けて入っていきました。狭そう。

 

次はもう少し上手く写真を撮りたいなと思います。

 

 

 

 

タケノコ


f:id:fukufukux:20180424224151j:image

マダケ(Phyllostachys bambusoides)

タケノコです。


f:id:fukufukux:20180424224502j:image

イノシシに掘られていてあまり大きなものはありませんでしたがまぁ、よし。

今年は表年らしいですがいつも通りな感じがしました。

 

120年周期と言われている竹の花の開花がここ数年で全国的にピークを迎えるようなので少し楽しみです。花が咲いたら竹は枯れてしまうので10年ほどタケノコが掘れなくなるようですが…